【徹底解説】SNS連携でサイトを自動更新!「Section Feed-Instagram Feed」のメリットと使い方

 

インスタグラムをはじめとしたSNSアカウントは頻繁に更新できているのに、ShopifyのECサイトは放置気味、どうにかしたい……。そんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか?今回は、写真・動画共有サイトInstagramをShopifyのショップに連携させるアプリ「Section Feed-Instagram Feed」についてご紹介します。サイト更新にどのような関係があるのでしょうか?

この記事で知れること

  • SNSを利用した販促活動
  • Section Feed-Instagram Feedって?
  • Section Feed- Instagram Feedをインストールしよう
  • Section Feed- Instagram Feedを起動させよう

SNSを利用した販促活動

ECサイトを運営する上で一番重要なことは、扱っている商品がより多くの人の目に入るよう、効果的な宣伝施策を実施することです。どんなにサイトのデザインをオシャレにし、顧客に喜ばれる機能を実装できたとしても、お客さんが来店してくれなければ、売上の向上は望めません。

新規顧客を獲得するための主な宣伝手法には、広告課金やSNS投稿、メールマガジン配信など、様々な種類があります。中でもSNSを活用した宣伝は、無料で実施できるため、費用対効果が高く、多くのECサイト運営者が活用しています。

特に画像投稿サービス「インスタグラム」は、ECサイトとの親和性が大変高く、言われています。

SNS上に最新の画像を継続的に投稿していくことは非常に重要です。しかし一方で、もし肝心のECサイトの更新が止まってしまっていたら、お客さんはショップに対して不信感をいただいてしまいます。

そこで、今回皆さんに紹介したいのが「Section Feed-Instagram Feed」です。このアプリをインストールすると、これらの心配を一気に解決することができます。



Section Feed-Instagram Feedって?

Section Feed-Instagram Feedは自身のインスタグラムアカウントとECサイトを連携させるアプリです。インスタグラムに新しい画像を投稿するたびに、自動でECサイト上の画像が更新されます。

似たようなアプリが複数存在する中で、Section Feed-Instagram Feedが人気の理由を解説します。

 

3種類の洗練されたレイアウト

インスタグラムに投稿した画像をECサイトに連携させる場合、いかに違和感なくサイト上に組み込めるかが重要になります。Section Feed-Instagram Feedは3種類のレイアウトから画像表示方法を選ぶことができます。

3種類のレイアウト

  • Collage mode
  • Grid mode
  • Sliding carousel

 

Collage mode



Grid mode

 

Sliding carousel

50種類以上のShopifyテーマと連携可能

ShopifyのECサイトには様々なテーマがあります。それぞれのテーマにInstagramの投稿がうまく溶け込むように調整することが可能です。

連携可能なテーマ

  • Maestrooo themes (Prestige, Warehouse)
  • Archetype themes (Impulse, Streamline, Motion)
  • WeTheme themes (Envy, Capital, Flow)
  • StyleHatch themes (District)
  • Troop Themes themes (BlockShop)
  • Pixel Union themes (Empire, Atlantic, Editions, Grid, Handy, Launch, Pacific, SuperStore, Startup, Vogue, Reach)
  • WeAreUnderground themes (Icon)
  • SafeAsMilk themes (Venue)
  • MileHigh Themes themes (Galleria, ShowTime)
  • CleanCanvas themes (Expression, Masonry, Symmetry, Alchemy, Showcase, Canopy, Boost)
  • Red Plug Design themes (Avenue)
  • Small Victories themes (Colors, California)
  • Presidio Creative themes (Modular, Palo Alto)
  • Invisible Themes themes (Broadcast)
  • Krown Themes themes (Kingdom)
  • Out of the Sandbox themes (Artisan, Flex, Mobilia, Parallax, Responsive, Retina, Turbo)
  • Skup Themes (Providence)
  • Fluorescent themes (Ira, Context, Lorenza)

他にも多くのテーマと連動させることが可能です。

 

サイト速度が低下しない

ウェブサイトに画像を複数投稿した場合、ページの表示速度が遅くなってしまうのではと心配している人もいるのではないでしょうか?Section Feed-Instagram Feedは、表示画像サイズを最適化し、軽量データとして投稿してくれるので安心です。

 

設定が簡単

ShopifyのECサイトとインスタグラムのアカウントは全くの別サービスとなるため、連携に複雑な作業が発生するのではと思われがちです。しかし、Section Feed-Instagram Feedの場合、コーディング不要で、違和感なくサイトにインスタグラムアカウントを連携できます。

 

Section Feed- Instagram Feedをインストールしよう

1 アプリを検索して、「Section Feed- Instagram Feed」をクリックします

  

2 「Add app」をクリックします



Section Feed- Instagram Feedを起動させよう

 

3 アプリを開いたら、「接続」をクリックします

 

4 ご自身のインスタグラムと連動させます

 

5 「許可する」をクリックします

 

6 連携させたいShopifyのテーマを選択してください

 

7 「フィードを追加」をクリックしてください

 

8 カスタマイズする




さいごに

いかがでしたでしょうか?

インスタグラムアカウントの更新は頻繁に行っているのに、ECサイトの更新はストップしている……。サイト情報のアップデート頻度は、お客さんの信頼にダイレクトに影響してきます。今すぐ「Section Feed-Instagram Feed」をインストールして、インスタグラムを通して、自動でサイト更新できるようにしましょう!



 

Section Feed-Instagram Feedアプリページへ
ご覧いただいてる皆様へ

本記事でご紹介したShopifyアプリの性能やプラン料金、無料プランでの制限などは記事公開時の情報となっております。本記事公開後、アプリ運営会社がアップデートや方針変更をした場合には本記事の情報の限りではございません。最新のアプリ情報は、各Shopifyアプリストアページをご参照ください。

 

 

Shopify アプリ開発 承ります。

ネットイヤーグループでは今まで培ってきたUI/UX・システム開発のノウハウをもとに Shopify アプリの開発を行っています。 開発するアプリの概要を教えていただければ、仕様設計からサポートいたします。 Shopifyアプリの開発を依頼したい場合は、ぜひネットイヤーグループにお問い合わせください。