【徹底解説】ECサイトを本格的なマーケットプレイスに変えよう!「Multi Vendor Marketplace」を紹介

ECサイトというと「1つのショップに対して販売者は1人」というイメージがあります。しかし、中には1店舗内で、複数の売り手が商品を販売しているパターンがあるのをご存知でしょうか? 個人で販売する商品がなくても、ショップ運営に携わってみたい……。そんな人にオススメしたいのが「マーケットプレイス」です。今回は、マーケットプレイスを簡単に開設できるアプリ「Multi Vendor Marketplace」を紹介します。

 

この記事で知れること

  • マーケットプレイスって?
  • マーケットプレイスを運営するメリットは?
  • Multi Vendor Marketplace の特徴
  • 専門的なサポートチーム

 

そもそもマーケットプレイスとは?

 マーケットプレイスとは、消費者と販売者が自由に売り買いができる、ネット上の取引場のことです。オンライン上のショッピングモール内で「自分のテナントを出店する」というよりも、「製品単体を出品する」という表現がしっくりくるかもしれません。代表的な例でいうと、楽天市場などが、このマーケットプレイスにあたります。

 

マーケットプレイスを運営するメリットは?

 一般的なECサイトと違い、マーケットプレイスという販売形態をとった場合は、サイト管理者以外の売り手も、商品を追加して販売することができます。いわゆる「場所貸し」です。

したがって、マーケットプレイスの管理者は、自身で取り扱っている商品がなくても、気軽にショップ運営が可能になります。また、商品が販売されるごとに、売り手から手数料を得ることができるため、リスクなしで収入が得られます。

しかし、マーケットプレイスを0から作るのは、大変骨の折れる作業です。そこでオススメしたいのが「Multi Vendor Marketplace」というアプリ。このツールを使用すれば、誰でも簡単に独自のマーケットプレイスを作ることができます。

 

Multi Vendor Marketplace の特徴

Multi Vendor Marketplaceの特徴

  • 売り手や製品の追加が無制限
  • 他のeコマースストアの製品を同期できる
  • 売り手ごとに手数料率を設定
  • プロフィール機能と評価機能

 

売り手や製品の追加が無制限

売り手側は、それぞれに割り当てられたアカウントから、無限に商品を追加することができます。また、売り手の人数に制限もありません。

したがって、管理者は追加の操作不要で、商品数を増やし、ショップを拡大することができます。販売者はデジタル商品の出品も可能です。商品や売り手の情報は、CSVデータとして確認可能です。


他のeコマースストアの製品を同期できる 

Shopifyで作ったショップ内だけで販売を完結させるのではなく、それ以外のEコマースストアで出店している製品との同期も可能です。例えば、ワードプレスやPrestasop、Magento などのストアが対象です。


売り手ごとに手数料率を設定

管理者は売り手ごとに、別々の手数料を設定することが可能です。また、税金の設定も自由にできることが「Multi vendor marketplace」の特徴です。

リマインダー機能も実装されているため、注文処理を行っていない売り手に対して警告メールを送信し、手数料の支払い漏れを防ぎます。

プロフィール機能と評価機能

管理者は売り手に対して、プロフィールページや付与することができます。ページ内で商品が無作為に並んでいるのではなく、売り手ごとに商品をカテゴリ分けできるため、見やすいページ設計が可能です。

また、顧客は売り手それぞれのプロフィールページから、商品に対する評価ができるため、人気の売り手や商品を管理者は常に把握することができます。


専門的なサポートチーム

「Multi vendor marketplace」は世界中で使用されているサービスです。口コミの評価も非常に高く、総合評価は4.3(2021年8月現在)という驚きの数字。中でもカスタマーサービスが充実しているとの声が多く寄せられています。

「これまで使用してきた中で、最も便利なアプリです。特に、カスタマーサービスは一流です!迅速なサービスと常に数分以内に問題を解決してくれます。」

「Shopifyストアからマーケットプレイスを作成するのであれば、このアプリが一番優れています。カスタマイズ機能も充実しており、カスタマーサポートがしっかりしています。」

「このアプリは重宝しました!素晴らしい機能がたくさんあり、素晴らしいサポートです!チャットを通して、彼らと頻繁にセットアップの問題について相談しているのですが、数分以内に解決してくれます。驚異的な精度のカスタマーサポートです。」


マーケットプレイスの運営は一見複雑で大変そうに思えますが、このようにカスタマーサービスが充実しているため、初心者でも使いやすいサービスとなっています。

 

さいごに

さて、今回は「Multi Vendor Marketplace」についてご紹介しました。自身で取り扱っている商品数が少なかったり、そもそも商品を持っていない方は、ぜひこのアプリを導入して、販売収入UPにチャレンジしてみてください。






 

Multi Vendor Marketplaceアプリページへ
ご覧いただいてる皆様へ

本記事でご紹介したShopifyアプリの性能やプラン料金、無料プランでの制限などは記事公開時の情報となっております。本記事公開後、アプリ運営会社がアップデートや方針変更をした場合には本記事の情報の限りではございません。最新のアプリ情報は、各Shopifyアプリストアページをご参照ください。

 

 

x
x
English